2010年06月01日

ライター 安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)

 子どもの火遊びによる火災が相次いでいる問題で、ライター業者の団体「日本喫煙具協会」は27日、ライター安全大使に体操のお兄さんとして知られるタレント、佐藤弘道さん(41)を起用するなどの啓発キャンペーンを発表した。広田良平会長は安全規制のないライターの回収は「消費者庁にやる気があるなら全面協力する」と述べた。

 火遊び火災対策として、子どもが使いにくくなる安全機能の義務化が決まり、既存ライターの取り扱いが課題になっている。広田会長は「水を張ったペール缶を設置するなどコストがかからない安全な方法もある。消費者庁のやる気に火を付けてほしい」と述べた。

【関連ニュース】
ライター:販売規制へ…安全機能を義務化
社説:ライター改良 「子供の命」優先すべきだ
ライター事故:1人死亡…04〜08年度、独法に通知
車両火災:危険なライター 意図せず着火、08年61件
北海道4児死亡:車内に使い捨てライター、紙に引火か

男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
<口蹄疫>行事中止相次ぐ「飛び火」警戒(毎日新聞)
[能古島切断遺体]不明の32歳会社員と判明
北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
<加藤一二三氏>控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
posted by オギタ テツオ at 20:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。