2010年06月11日

篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)

 東京都立青山霊園でヌード写真を撮影したとして、公然わいせつと礼拝所不敬の罪で略式起訴された写真家の篠山紀信氏(69)について、東京簡裁が罰金30万円の略式命令を出していたことが9日、分かった。命令は5月26日。

 起訴状によると、篠山氏は平成20年10月15日夜、東京都港区の青山霊園で、女性モデルのわいせつなポーズを撮影する不敬行為をしたとされる。警視庁は今年1月、計12カ所の屋外で女性の裸の写真を撮影したとして書類送検したが、検察は悪質性が高いとして墓所に絞って立件した。

【関連記事】
篠山紀信氏を略式起訴 ヌード写真集の屋外撮影で
意外と巨乳…ゴマキ、野外で“全裸”公然わいせつ大丈夫!?
“ヤンキー”ゴマキ激白、涙の活動再開…“全裸”戦略
真木よう子が“H”に? 草刈民代とセクシー対決
草刈民代、ヌード写真集発売後も演技変わらず
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

都の漫画児童ポルノ規制条例 自公が修正案を提出へ(産経新聞)
阿久根市長を降格人事で告発…職員側弁護団(読売新聞)
アルバイトで働く理由、辞めた理由(Business Media 誠)
民主党新執行部 樽床伸二国対委員長 若手の信望厚く(産経新聞)
普天間移設 「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
posted by オギタ テツオ at 16:30| Comment(30) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ライター 安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)

 子どもの火遊びによる火災が相次いでいる問題で、ライター業者の団体「日本喫煙具協会」は27日、ライター安全大使に体操のお兄さんとして知られるタレント、佐藤弘道さん(41)を起用するなどの啓発キャンペーンを発表した。広田良平会長は安全規制のないライターの回収は「消費者庁にやる気があるなら全面協力する」と述べた。

 火遊び火災対策として、子どもが使いにくくなる安全機能の義務化が決まり、既存ライターの取り扱いが課題になっている。広田会長は「水を張ったペール缶を設置するなどコストがかからない安全な方法もある。消費者庁のやる気に火を付けてほしい」と述べた。

【関連ニュース】
ライター:販売規制へ…安全機能を義務化
社説:ライター改良 「子供の命」優先すべきだ
ライター事故:1人死亡…04〜08年度、独法に通知
車両火災:危険なライター 意図せず着火、08年61件
北海道4児死亡:車内に使い捨てライター、紙に引火か

男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
<口蹄疫>行事中止相次ぐ「飛び火」警戒(毎日新聞)
[能古島切断遺体]不明の32歳会社員と判明
北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
<加藤一二三氏>控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
posted by オギタ テツオ at 20:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

20〜30代の喫煙者、8割が「タバコをやめたい」(Business Media 誠)

 あなたはタバコをやめたいと思いますか? 20〜30代の喫煙者に聞いたところ、「やめたい」と答えたのは79%に達していることが、クラシエフーズの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ただ内訳を見てみると、「すぐにでもやめたい」という人は19%にとどまり、60%の人は「いつかはやめたい」と考えているようだ。

 タバコをやめたいという人に、その理由を聞いたところ「体に良くないし、値上げもするから」といった健康面や経済的な理由が目立った。一方、やめたくないという人からは「気分転換になるから」「タバコはコミュニケーションツールだから」といった声が多く、タバコにメリットを感じている人も多いようだ。

 禁煙に挑戦したことがある人はどのくらいいるのだろうか。「挑戦したことがある」という人は49%。その回数を聞いたところ、平均は2.4回。禁煙していた期間は「1カ月以内」という人が56%で最も多かった。「いつかは禁煙したいと思っている人が多いものの、実際には『禁煙は難しい』という実態が分かった」(クラシエフーズ)

●タバコの本数を減らしたいと思っている人

 タバコをやめるのは難しいようだが、本数を減らしたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。タバコの本数を「減らしたい」と答えた人は70%。その理由を聞いたところ、タバコをやめたい理由と同様に、健康面と経済的な理由を挙げる人がほとんど。

 また「今日はタバコを控えよう」と思う日がある、という人は50%。どのようなときに控えようと思っているのかを聞いたところ「昨日吸い過ぎたと思うとき」「風邪気味の日」など、健康が気になるときという声が多かった。このほか「非喫煙者と長時間過ごす日」「冠婚葬祭の日」といった、TPO に合わせて休煙日を作っている人もいるようだ。

 インターネットによる調査で、20〜39歳の喫煙者500人が回答した。調査期間は5月14日から5月17日まで。

【関連記事】
増税で、密売タバコが横行するかもしれない
タバコを吸う本数と年収の関係
パチンコ・パチスロをする人の喫煙率は?

<NHK>初の強制執行申し立て 受信料未払いの5人に(毎日新聞)
24日に安保会議=哨戒艦事件の対応協議―政府(時事通信)
<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)
普天間移設 首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ(毎日新聞)
まつ毛エクステ無許可営業の疑い(産経新聞)
posted by オギタ テツオ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。